ワインセラーの冷却方式の違いについて


繊細な飲み物ワインを管理するにはワインセラーが適切なものなのですが、このワインセラーには色々な種類があります。
その種類の分け方として冷却方法の違いがあるのですが、みなさんが良くご存知のコンプレッサーを利用しているかしていないかということで大きな違いがある様です。

コンプレッサーを使用しているタイプは何といってもパワーがあります。
多少音がうるさいという欠点もありますが、外気を取り入れて空気を循環させ、常にワインセラーの中の空気の状態を新鮮に保つことができます。
ドアの開閉をしてもパワーがあるので、温度の変わったワインセラー内の温度もすぐに元に戻すことが可能です。

ではコンプレッサーの無いタイプは動でしょうか。
コンプレッサーのないタイプはベルチェ方式というのがあり、こちらはパワーはやや物足りない感じがありますが、音がとても静かで振動もほとんど無いということから、多くベルチェ式ワインセラーを選ぶ方もいる様です。

This entry was posted in ワインセラーの様々な種類. Bookmark the permalink.

Comments are closed.

他にもこんな関連記事があります